) 白根大凧合戦 – アーツカウンシル新潟

白根大凧合戦

  • 日時:
    2018年6月7日~6月11日
  • 場所:
    中ノ口川堤防上
  • ジャンル
  • 伝統芸能
  • beyond2020
会場:新潟市南区白根・西白根 中ノ口川堤防上
信濃川支流の中ノ口川両岸から畳24枚分ほどもある大凧を揚げ、空中で絡ませて川に落とし、相手の凧綱が切れるまで引き合う世界最大スケールの大凧合戦。
江戸時代の中頃、中ノ口川堤防改修工事の完成祝いに白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち、田畑を荒らされたことに腹を立てた西白根側の人が、対抗して凧を白根側にたたきつけたことが起源と伝えられています。
このため、凧が相手側に向かって揚がるように作ってあります。各組それぞれに特色があり、揚がり方や掛け方に違いがあります。平成27年、新潟県無形民俗文化財に指定されました。

大凧のほか巻凧(六角凧)もあり、期間中、東西に分かれて合戦を行います。
主催
白根大凧合戦実行委員会
お問い合わせ
Webサイト
外国語対応

英語
(総合案内所に英語対応スタッフ)

バリアフリー対応

車椅子