新潟神楽
新潟神楽とは
新潟神楽とは

ABOUT 新潟神楽について

新潟市では多くの神楽舞や獅子舞などの農村に根差した
伝統芸能が保存継承され、市指定無形民俗文化財となっています。
しかし、継承者の高齢化、後継者の不足という課題を抱えており、
近年、すでに継承が困難となっている伝統芸能もあると聞いています。
人口減少が著しく、神楽等の芸能だけでなく、
地域の民俗文化財自体の継承が困難となっている状況に対し、
(一財)北方文化博物館が中心となり、
(公財)新潟市芸術文化振興財団 アーツカウンシル新潟の助成を受け、
「新潟市農村文化協議会」を2017年度に設立し
課題克服に向け取り組んでいます。
新潟神楽は新潟市内の神楽舞、獅子舞をはじめ郷土芸能に関する
情報の収集・集約・発信・活用、
そして今後の発展に向けた活動を行っていきます。

神楽鑑賞のマナー

(神社の奉納芸能なら)まずは神社本殿に参拝

主催する土地の方々にとって年に一度の大切なお祭りです。現地に到着したら、まずは参拝し、氏神さまに挨拶と感謝を伝えましょう。
また、その社殿をよく観察しておくと、これから行われる芸能や祭祀について、何か発見があるかもしれません。

写真撮影

運動会での困ったお父さん達のように、ベストショットをおさめようと熱中し出すとどうにも周りが見えなくなるもの。しかし主役はあくまでその土地の方々。無理に割入ったりするのは絶対にやめましょう。(なお、行われる芸能、祭祀によっては撮影NGなものもあるので、判断に迷うときは必ず関係者の方に聞きましょう。)

EVENTS イベント一覧へ